私たちは長年の信用で優れた作品を
責任をもって施工する専門家の集団です。

木下建設の歴史

木下建設の歴史

明治22年~大正15年

明治22年10月 創業者木下陽康(幼名源一)飯田駄科の農家に生まれる
創業者木下陽康
大正 2年 7月 陽康、飯田市仲の町で「木下組」を創業
   4年 1月 飯田土木実業組合設立
   8年 2月 伊那電鉄の工事を大丸組が落札。陽康その傘下に入り、阿智川発電所をはじめ大型工事の現場監督を務める
  10年 1月 大丸組の傘下に入り、阿智川発電所工事を担当する
  10年 8月 陽康、伊那電山吹-下平間の解説工事を担当する
  11年 5月 長野県請負同業組合発足、陽康副組合長就任
  12年 5月 めがね橋架設工事着工
  12年 秋 大丸組、店主急逝により解散
  12年 9月 関東大震災
  13年 2月 谷川線埋立工事着工、飯田に初めてミキサーが入る
  13年 7月 下伊那土木建築請負人組合発足、陽康常任理事就任
  15年 1月 長野県請負同業組合伊那支部発足

昭和元年~昭和20年

昭和 2年 3月 伊那電鉄 ― 飯田 ~ 天竜峡間 完成
   8年 9月 日満ケーブル施設工事(飯田~中津川)を施工
   9年 9月 長野県土木建築請負業組合発足
陽康飯田支部長に就任
  14年 3月 万歳大橋完成
  11年 4月 二代目天竜大橋(駒ヶ根)完成
  12年 5月 木曽出張所開設
  12年12月 飯田線 ― 辰野 ~ 豊橋間全通
  13年 3月 天竜川河川復旧工事中に、大氾濫で再起不能と言われた痛手を負う
  13年12月 市瀬橋(大平街道)完成
  16年12月 日本軍、ハワイ空襲
  17年 9月 大平トンネル完成
  19年12月 遠山森林鉄道完成
  20年 1月 雨宮橋完成
  20年 8月 太平洋戦争、終結

昭和21年~昭和40年

昭和22年 4月 飯田市大火 4,010戸焼失
  22年 7月 川路製材所開設
  24年 5月 木下建設株式会社に組織変更(資本金250万円)木造2階建て社屋改築
  24年 8月 建設業法施行
  24年 8月 長野建設業協会設立
  24年 8月 川路製材工場を開設
  24年11月 長野県知事登録(イ)第356号
  25年 6月 木下陽康参議院選挙で惜敗
  25年11月 南信で初のブルドーザ導入
  26年11月 佐久出張所開設
  27年12月 長野建築士会下伊那支部発足
  28年 8月 建築業法および同施行例、施行規則改正
  30年 5月 木下一人社長就任。信州開発(株)設立、社長木下陽康
  30年 7月 飯田市立浜井場小学校円筒校舎竣工
  31年 4月 日本道路公団発足
  32年10月 豊丘中学校新築工事完成
佐久間高校竣工。以後S37佐久間中学校、S40吉沢小学校、
S46浦川中学校と、静岡県下に於いて、業績を伸ばす
  34年 2月 名古屋営業所及び佐久間営業所開設
  34年 4月 建設大臣登録(ホ)第3014号
  34年 9月 伊勢湾台風襲来
  35年 4月 東京営業所開設
  36年 4月 佐久間営業所を廃止
  36年 6月 梅雨前線集中豪雨36災発生。死者行方不明136名。災害救助法発動
川路製材工場流出全壊
  36年11月 災害復旧工事合同起工式
  36年12月 下久堅砕石工場を開設
  37年 3月 資本金800万円に増資
  37年 5月 飯田建築協会発足、木下一人初代会長に就任
  37年 5月 旭松、天竜工場新築工事竣工
  37年 6月 飯田市庁舎竣工
  37年 7月 資本金1000万円に増資
  37年12月 駄科工場新設
  38年 3月 36災復旧工事完了
  38年 4月 飯田建設事業協同組合設立
  38年 4月 松本営業所を開設
  38年12月 資本金を3000万円に増資
  40年10月 中央自動車道ルート決定

昭和41年~昭和63年

昭和41年 飯田商工会館竣工
  41年 6月 木曽谷に集中豪雨。常設の出張所開設、復旧工事にあたる
  41年 9月 奈川村庁舎新築工事竣工
  42年 6月 名古屋営業所及び東栄出張所を開設
  43年 1月 建設業協会飯田支部長に木下一人就任
  43年 1月 「西駒郷」を竣工、皇太子夫妻御視察
  43年 5月 東京営業所を廃止
  43年12月 佐久支店の営業権一切を木下建工(株)へ譲渡
  44年 赤石林道開設 喬木上村間
  45年 4月 竜東一貫水路長峰隧道工事竣工
  46年 4月 木下一人県会議員初当選
  46年 8月 木下陽正社長就任
  47年 3月 犀川狐島築堤護岸工事竣工
  47年10月 飯田綿半第2ビル(当時飯田随一の高層ビル)竣工
  47年12月 愛知県東栄町立東栄病院竣工
  48年 3月 国道151号線小松原隧道竣工
  48年 3月 あららぎカントリークラブハウス竣工オープン。高松宮殿下御来訪
  48年 7月 建設大臣認可(般、特―48)第1366号
  48年 8月 建設資材急騰で公共事業ピンチ(第一次オイルショック)
  48年12月 県内建設業倒産134件
  49年 4月 西友飯田店竣工
  49年 4月 資本金を5000万円に増資
  50年 8月 中央道駒ヶ根―中津川間開通
  50年10月 飯田裁判所竣工
  51年 4月 南原橋完成
  52年 3月 国道153号線蘭トンネル工事竣工
  53年 3月 大平ダム竣工
  53年 国道153号線改良進む
  54年 8月 資本金7500万円に増資
  55年 3月 鼎町文化センター竣工
  56年 3月 中央自動車道県内全線開通
  57年 4月 木曽合同庁舎建築工事完成
  57年 4月 長谷川ダム竣工
  57年 7月 国道151号線雲雀沢トンネル竣工
  58年 6月 木曽東西統合高校竣工
  58年 9月 台風10号伊那谷を襲う。下伊那郡下被害額440億円
  59年 6月 砂古谷ダム竣工
  59年12月 木曽出張所を基礎営業所に組織変更
  60年 中央自動車道岡谷ジャンクション工事
  61年 4月 長野県西部地震災害復旧工事
  62年 9月 木曽蘇南高校第1期工事竣工。以降、第3期平成3年まで続く
  62年10月 飯田市制50周年記念式典
  63年 1月 木下隆由社長に就任
  63年12月 中央自動車道麻績川橋他下部工工事竣工

平成元年~平成20年

平成元年 1月 昭和天皇崩御。「平成」に改元
  元年 1月 三遠南信自動車道矢筈トンネル起工式
   2年 7月 長野自動車道犀川高架橋工事竣工
   2年 9月 名古屋、松本両営業所を支店に組織変更
   3年 3月 北又沢第2砂防ダム工事竣工
   3年11月 中部電力北又沢発電所第4工区工事竣工
   4年 2月 県立木曽総合病院竣工
   4年 9月 飯田市立病院竣工
   5年 バブル崩壊、不況長引く
   5年 3月 三遠南信自動車道程野改良その5工事竣工
豊科IC(現・安曇野IC)更埴JCT間開通によって長野道前線開通
上信越道と接続
   6年 3月 矢筈トンネル開通
   7年 1月 阪神淡路大震災発生
   9年10月 長野新幹線開業
   9年10月 長野新幹線開業
  10年 2月 長野オリンピック開催
  10年代 名古屋支店マンション工事が全盛となる
  11年度 飯高道路着工
  13年 2月 田中康夫長野県知事「脱ダム」宣言。
多くの好意的な反響を呼び、建設業冬の時代への扉を開けた
  13年 4月 第一次小泉内閣発足
  15年度 三遠道路着工
  16年 4月 木下隆由、長野県建設業協会飯田支部長に就任(24年迄)
  18年度 川路・龍江・竜丘地区天竜川治水対策事業 完成
  20年 4月 山本IC-天竜峡IC間開通

平成21年~

平成21年 9月 政権交代により民主党鳩山内閣発足
  23年 3月 東日本大震災発生
中部横断道 佐久南IC-佐久小諸JCT間開通
  23年 5月 リニア中央新幹線整備計画が決定
  23年 8月 リニア中央新幹線長野県内ルートが発表される
  24年 2月 青崩峠工事用道路着工
  24年 3月 飯田市立病院第3次整備事業着工
  24年 4月 浜松いなさ北IC-浜松いなさJCT間開通
  24年 5月 木下隆由、長野県建設業協会副会長就任(在任中)
  24年 5月 東京スカイツリー開業
  24年12月 青崩峠道路本線着工
  24年12月 自民党政権 安倍内閣発足
  25年 2月 飯田商工会館新築工事着工
  25年 5月 藁野トンネル竣工(国道418号 下伊那郡天龍村 十方峡バイパス)
  25年 6月 氏乗IC追加設置大臣許可
  25年 7月 2日 木下建設創業100周年記念日
百年の時間に感謝して、
今一度創業の精神に立ち還るとき。
  25年 9月 2020年オリンピック東京開催決定
  25年11月 木下隆由 旭日双光章叙勲受賞
  26年 1月 飯田商工会館新築工事竣工
  26年 3月 飯田市立病院第3次整備事業建築工事竣工
  27年 3月 飯田女子高等学校改築工事竣工
平谷小学校校舎建設工事竣工
  27年12月 飯田市庁舎現庁舎耐震改修建築工事竣工
  27年12月 飯田市庁舎現庁舎耐震改修建築工事竣工